2011年7月15日(金)午後に北信濃、飯山市立泉台小学校でハープの鑑賞教室を開催しました。少しでも楽器ハープに親しみ、その音色の素晴らしさを知ってもらうために今回この企画を初めて実施しました。会場は泉台小学校体育館、全校生徒と教職員の方々130余名に、私から簡単な楽器ハープの由来、歴史を紹介、続いて日本ハープ協会理事長でハープ奏者の野畑潤子さんのハープ演奏を披露、演奏終了後に大多数の生徒にハープの試弾(触って音を出す)タイムを設け、大いに楽しんでもらいました。最後に全校生徒による答礼の合唱が素晴らしく感激して学校を後にしました。このようなハープ啓蒙活動を今後も機会があれば積極的にやって参ります。


Harp lecture & listening event has taken place on July 15th , 2011 at Izumidai Elementary School , Iiyama City , Northern Nagano quite successfully with the presence of all the pupils and teachers of the school ( over 130 persons).
Mrs. Jyunko Nobata, president of Japan Harp Association, played the grand concert harp and transmitted the beautiful sound of this instrument to the audience with a previous small presentation of historical development of harps of the world by Mr. Kazuhiko SAKATA, the owner of this museum. This shall be the first trial step for this museum to move on to familialize each time more this unique & elegant sound of harps to the younger generation in order to enrich their future life full of elegant sound like the one from harps..

コメント
コメントする