先週末、紫音ハープミュージアムでは雪囲いが終わりまして、
 冬支度の第一弾の作業が終わってほっと一息です。

 さて今回は紫音ハープミュージアムのコレクションに新たな仲間が入りましたので
 紹介させて頂きます。

 このたび銀座十字屋さんの特別な計らいにより、今となっては大変に貴重な
 エラール製作のダブルアクションペダルハープ(1890年頃 フランス製)が
 当ミュージアムの展示コレクションに加わりました。

 

 

セバスチャン・エラールにより1811年にダブルアクションペダルハープが発明され、
 中世の優美さと現代機能美を繋ぐエポックメーキングな楽器として、ハープの歴史に
 燦然と輝くその存在は極めて貴重といわざるを得ません。

 

 

当館は世界のハープを幅広く展示、提供し世界に二つとない稀有な内容の楽器
 ハープ専門ミュージアムとして日夜充実を図っています。

 この機会に是非ご来館お待ちいたしています

 下記に2枚ほどアップで撮った写真を紹介します。ハープの良さは写真ではお伝えしきれ
 ないものがありますので、是非実際に目にして頂き、またその音色と質、歴史を体感して
 頂けたらと思います。

 

コメント
コメントする